なぜ底辺ゲーム実況者は沢山いるのか

稼いでいる印象ばかりあるYoutuberですが、ゲーム実況のジャンルでも数多の金持ちYoutuberが誕生しています。

ゲームを実況しているだけでお金持ちになれるなら、当然多くの人が参入してくるはずです。

果たして日の当たらない底辺・・・つまり底辺ゲーム実況者はどのような状況なのか。

新たにゲーム実況Youtuberとして参入を考えている方は特にこの記事を読むことをお勧めします。

ゲーム実況は稼げない?

底辺が多い印象があるゲーム実況ですが、結論からいうと稼いでいる人は稼いでいるのです。

画像の通りゲーム実況というジャンルはかなり大きなジャンルです。

有名なイケメン実況者の赤髪のともさんは年収5000万以上は稼いでいます。

また、有名Yotuberがサブチャンネルでゲーム実況をやっている事が多いことからもゲーム実況というジャンルそのものは稼げないジャンルではないのです。

では何故底辺ゲーム実況者は多いのか

ゲーム実況はコンテンツがすでにあるので、動画を作るのが非常に簡単です。

ゲームというコンテンツを遊ぶ事でその様子と内容が中身になるのです。

参入障壁が非常に低く、誰でも簡単に始められるでしょう。

ですがその分、同じジャンル・コンテンツでの競合も多いといえます。

たとえばポケモンの動画が見たいと思いYotubeで検索すると似たような動画が山ほどあるわけです。

マイナーなゲームを狙っていくのも手ですが、マイナーなゲームというのは当然その分視聴者も少なくります。

つまり他のジャンルよりゲーム実況は再生数の少ない動画が沢山投稿されており、底辺ゲーム実況者の数も多くなるというわけです。

底辺ゲーム実況者の現実

年単位で継続して動画を上げ続ければ底辺から脱却しゲーム実況系Youtuberとしてある程度の成功を収められるのかというと、そうでもないケースが沢山あるのです。

これからファンが増えて炎上するかもしれないので具体的なチャンネルをこの記事に書くのは控えますが、私が調べた範囲で紹介していきます。

※2019年10月調べ

底辺ゲーム実況者1

動画投稿数 700~800本
チャンネル登録者 1000~1500人
チャンネル開設 2013年~
最終投稿 3週間前

数年前の動画は再生数2桁のまま。

動画のサムネイルは文字を入れたり凝っている印象。しかし動画は垂れ流し気味。

底辺ゲーム実況者2

動画投稿数 200~250本
チャンネル登録者 1000~1500人
チャンネル開設 2018年~
最終投稿 2日前

実況者1のケースと比べると破竹の勢い?に見えますが、1年数カ月でチャンネル登録者1000人と考えるとどうでしょうか。

編集も頑張っているようですし芽は出そうな気がしますが、大成するまでにこれまでの努力を継続していけるのでしょうか?再生数は2桁~3桁。4桁の動画も少しありましたが、広告収入は燕の涙でしょう。

底辺ゲーム実況者3

動画投稿数 1000~1100本
チャンネル登録者 100~200人
チャンネル開設 2017年~
最終投稿 数時間前

最後は2年ほどで1000本もの動画をあげるゲーム実況系Youtuberの期待の星です。

再生数は1~2桁が目立ちました。

動画のサムネは自作しているものの使いまわしが多く、編集はあまりせず垂れ流し気味だと感じました。

ニコニコ動画はもっと辛そうです。

Part150・・・ちなみにこの記事を書いているのは2019年10月でも再生数は2桁~3桁でした。

なので100本以上、投稿しているゲーム実況動画で投稿から4年ほど経過しているにも関わらずほぼ反響がないのです。

まとめ

もしゲーム実況をこれからそれなりに気合を入れて本格的に始め、中堅レベルを目指して頑張ろうと考えている方はおそらく底辺ゲーム実況者2のケースのようになると思います。

編集もそれなりに頑張って継続して動画をUPしていっているケースですね。

伸び方を鑑みるに今は底辺でも数年後は中堅の仲間入りをしていてもおかしくなさそうです。

逆に、厳しいようですが1年後に成果を期待して始めるようでは中堅レベルに達するのは難しいといえます。

ですが自分を信じてそれだけの時間と労力を捧げられる覚悟は普通の人にはないでしょうし、ゲームそのものが好きででないと新規参集しても続かないと思います。

さらに続けるだけの人は底辺実況者ケース1と3のような垂れ流し実況動画を趣味としてUPしているだけの人が多いのです。

楽しい動画にしないとファンは増えないので、さらにその中から編集して多くの人に楽しんでもらいたいと心から思っている人でないと伸びないのです。

タイトル回収になりますが、上記の点がゲーム実況に底辺が多い理由になります。

最新情報をチェックしよう!